輸出入で異なる業務

男性

英語は大きな強み

グローバルに展開する日本企業が増え、世界を相手に貿易を行う企業が増加している中、貿易事務に関する求人もその数を増やしています。そして貿易事務の求人には派遣として働く事が出来るため、短期間の仕事や短い時間で働きたい人にはお勧めの仕事とも言えるでしょう。しかし、初めて貿易事務の仕事へ挑戦する人の場合は、まず業務の内容をしっかりと理解し、派遣求人へ応募する前に詳細を確認しておく事をお勧めします。貿易実務と一言で言っても、実は輸入と輸出では業務内容が異なり、必要となる経験やスキルが異なります。貿易会社や商社と言われる企業は、輸入を主体とするのか、もしくは輸出を主体とするのか二つに分ける事が出来ます。日本の商品を世界の国へ輸出する企業から、世界の商品を日本へ輸入するケース等様々です。そして貿易事務の業務には通関が大きく関わり、輸出入で必要な書類を作成する必要もあります。派遣スタッフとして即戦力として活躍するには、通関とのやり取りの経験や、書類作成の経験を持っていれば非常に大きなメリットとなるでしょう。そして日々海外の業者や取引先とのやりとりで英語をメールや電話で使用するケースも多いため、英語が話せると大きな強みとなります。特に近年はメールでのやりとりが多いため、話せなくてもメールでのやりとりが出来るレベルであれば、派遣として働ける求人の幅が広がる事でしょう。この様に貿易に関する企業で働く求人には職務内容が異なりますので、事前に詳細を確認した上でご自身の経験やスキルが活かせる仕事を見つけてみましょう。