今熱い求人について

男女

海外と繋がる仕事について

憧れの海外、英語を使った仕事。その一つは貿易事務です。貿易事務をこれから行いたいと思っている人は、派遣会社に登録をしてみよう。ちょっと前までは、経験がないと雇ってもらえなかった業種でしたが、最近の傾向では、どんどん貿易実務の仕事を受注する企業が増え始めています。未経験で自身がない、英語がニガテと感じていても、一度覚えれば必ず花が開きます。では一体、貿易事務の仕事てどういうものなのでしょうか。簡単に言うと、商社やメーカーが海外から商品を輸入する際、または日本から海外に輸出する際の実務を言います。例えば、アメリカから小麦を輸入する商社Aは、アメリカの穀物会社Bと商売を結びます。今月は、小麦Cの銘柄を〇〇万トン輸入する契約になり、納期は◯月◯日です。この商品の支払い代金は、いつになります、とこの輸入に関する一連の流れの一部分を行うことが貿易事務になります。他にも税関や運搬会社とやりとりがあったり、商品によっては国際法を学んだり、と多岐にわたり将来的に可能性が見えてくる職種になります。もちろん、税関に提出する書類や、関わっている人々が使う言語はほとんど英語になります。しかしながら、会話をする頻度よりも、英文の読み書きの方が必須になるので、それも慣れれば問題なく業務を行うことができると思います。派遣会社に登録して紹介をしてもらうということは、一番簡単な貿易事務の仕事を得る方法です。メリットとして、多くの派遣会社は貿易事務や英語を使った業務に就くための講座を設けているということです。また、各派遣会社によって、貿易の仕事が多いところ、そうではないところと色々あるので、一度全ての会社を調べた上で登録するのがベストだと思います。